『クマにあったらどうするか』(姉崎 等、片山龍峯、ちくま文庫) | キウイラボ

1/2

『クマにあったらどうするか』(姉崎 等、片山龍峯、ちくま文庫)

¥924 tax included

Shipping fee is not included. More information.

アイヌ民族最後の狩人が教える「最高のクマの教科書」

クマと遭遇したとき、人間は生き延びるために何をすればいいのか。死んだふり、木に登る、リュックを置いて逃げるといった、巷に流れる俗説は有効なのか?「クマは師匠」と言うアイヌ民族最後の狩人が、アイヌの知恵と自身の経験から導き出した、超実践的クマ対処法を伝授。クマの本当の姿を知ることで、人間とクマの目指すべき共存の形が見えてくる。キウイラボの畠山泰英が構成を担当しました。

【サイズ】
タテ 約14.8cm×ヨコ10.5cm

【重量】
190g

【楽しみ方】
クマ対策本として、またアイヌ民族の貴重な智慧を伝える本としてお楽しみください。

【著者プロフィール】
姉崎 等(アネザキ ヒトシ)
1923(大正12)年北海道生まれ。12歳で狩猟を始める。22歳から単独でクマ撃ちを始め、1990年の春グマの狩猟禁止までに60頭を獲る。以後、ヒグマ防除隊や北海道大学のヒグマ調査に協力、2001年6月に銃を手放し、65年間の狩猟人生を終える。2013年10月、死去。

片山龍峯(カタヤマ タツミネ)
1942(昭和17)年東京生まれ。映像作家。番組制作会社のディレクターとして「NHKスペシャル」等のドキュメンタリー番組を制作する傍ら、片山言語文化研究所の代表を務め、アイヌ語に関する研究の成果が多数の著書に。2004年8月、死去。

【スタッフ】
 著者:姉崎 等、片山龍峯
 構成:畠山泰英
 発行・発売: 筑摩書房

Add to Like via app
  • Shipping method / fee

  • Payment method

¥924 tax included

最近チェックした商品
    同じカテゴリの商品
      その他の商品